全日本鍼灸学会に参加してきました

6月2日(土)~3日(日)にかけて大阪にて全日本鍼灸学会が開催され

スタッフ全員で参加してきました。

↑↑ 学会会場前で集合写真、いつもお世話になっている本城先生とご一緒に

 

今回の学会では、仁科先生と桐脇先生が

不妊症患者さんの抑うつ状態について初診時と産後に評価を行い

どのように得点の推移が起こるのか

特徴などがあるのか研究し、発表を行いました。

不妊症患者さんは、普段から不妊治療に関連した抑うつ症状が多く

それが継続的になると、妊娠しても妊娠中のうつ症状や産後のうつ症状につながる可能性が

指摘されています。

 

不妊治療中から鍼灸治療を行うことで、抑うつ症状を軽減し

産後の抑うつ症状を軽減できる可能性があります。

 

今後もさらに検討し、不妊治療の患者さんが

心も体も健康で妊娠・出産できるようにお手伝いできればと考えています。

2018年6月4日