日本生殖鍼灸標準化機関 第1回研修会

今月7・8日に日本生殖鍼灸標準化機関(JISRAM)の第1回研修会が名古屋で行われました。

7日(土)は明生鍼灸院金山分院にて実技練習を行いました。

今回は

・子宮血流増加の効果が認められている中リョウ穴刺鍼

・卵巣機能の改善を目的とする陰部神経鍼通電療法

・明生鍼灸院での身体の診方と自律神経を整える基本治療

について研修を行いました。

中リョウ穴刺鍼・陰部神経鍼通電療法は、通常の鍼刺激とは刺入や刺激の方法が異なる

特殊な治療法です。

これらをJISRAMの会員が共通の技術として臨床で使えるように練習しました。

 

8日(日)はプロジェクト学習の発表を行いました。

 

昨年名古屋での研修会で、生殖鍼灸に関わるテーマに沿って発足した各プロジェクトについて

1年間で学んだことを発表していくというものでした。

どのプロジェクトも非常に興味深い内容で勉強になりました。

 

2018年7月9日